★銀行印を名前で作るメリットは女性だけではない?男性も名前で作る理由とは?★

銀行印を作成する際に、良く女性は苗字ではなく名前で作るのがおすすめだという情報をよく目にするかと思います。これは、女性は結婚してしまうと苗字が変わってしまうので、別途銀行印が必要になるからです。せっかくオーダーメイドで自分好みに作成するので、できれば一生付き合っていける銀行印のほうが良いですよね。そこで、名前で銀行印を作るのが女性では一般的になりました。しかし、銀行印を名前で作るメリットは、女性だけでなく男性にもあります。それは、管理のしやすさです。日本人は印鑑を署名代わりに使用することが習慣的に根付いており、実印などは役所に届出をするくらいです。サインが一般的な欧米では考えらえないことです。そのため、印鑑を所有するのは一人1本どころか、複数の印鑑を所有している人がほとんどだと思います。そして、用途や目的に応じて使い分けているのではないでしょうか。例えば、郵便の受取などは朱肉のいらないシャチハタ、会社の書類に押す印鑑はちょっと気品のある認印、役所に届ける印鑑は重厚感のある実印、そして銀行印と様々な場面で利用されています。しかも銀行の口座は複数持っているのが一般的です。つまり、銀行印も複数あるということになります。これでは、印鑑をたくさん持つことになるため管理も困難になってしまいます。よく、どれが銀行印か分からなくなったという声を耳にします。そこで、印鑑はできるだけ管理を容易にするためにも、それぞれアクセントを用いて所有すると良いでしょう。実印はフルネームで作成し、銀行印は名前で作成したり、横彫りで作成したりと、それぞれちょっとずつデザインを変えることで管理がより簡単になります。実印、銀行印、認印の順にサイズの大きさを変えるのも一般的です。このように銀行印だけでなく、印鑑を作成する際は管理面を考えて少しずつサイズやデザインを変えてみてはいかがでしょうか。