★防犯上から銀行印は専用のものを作りましょう!気になる方は銀行印比較ランキングで!!★

印鑑には様々な種類の印鑑があり、私たちは法的な効力を持つ「実印」から宅配物の確認などに使う「認印」まで、生活のいろいろなところで使い分けています。実印とは、住民登録をしている市区町村の役所で印鑑登録したもので、認印とはそれ以外の印鑑を言います。一方、銀行印とは、銀行に口座を開設するときに届け出る印鑑のことで、窓口で預金を引出したり、小切手を振り出したりする際に必要となってきます。銀行印の種類は特に指定されておらず、「実印」でも「認印」でも利用できますが、実印と銀行印を一緒にしていて盗難にあった場合は、金融機関の変更だけではなく、実印の登録廃止や改変手続もする必要があり、大変手間がかかってしまいます。また、百均で売られているような安価な三文判でも銀行印として使用できますが、三文判は大量生産されていて、印影が同じものが大量にあるので、防犯上の危険性は高く注意が必要です。また、スタンプタイプの簡易印鑑である「シャチハタ」は、認印以外では基本的に使用することができず、銀行印としては使えません。銀行印は、防犯対策として実印同様に複製されにくい書体を用いて作成することをおすすめします。また、日々使用している認印も銀行印として使えますが、使用頻度が高いと紛失するリスクも高いため、別途サイズを変えるなどして銀行印を持っておくと管理が容易です。銀行印比較ランキングでは、様々な種類の銀行印の選び方や基礎知識を詳しく解説しています。また、高品質で低価格な印鑑を作成できる人気の通販サイトの中から、おすすめのショップを比較やランキング形式で紹介しているので、銀行印選びの参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です