★脱サラして独立開業を目指すか?独立開業について調べてみました!★

サラ―リマンにとって、終身雇用はすでに過去の話となっており、自分の身は自分で守る時代になりました。なかには独立開業して自分のスキルや経験を活かしたいと思っている人はいると思います。最近はインターネットの発達によって個人でも事業を行うことが容易になっており、業界によっては参入障壁が低くなっています。さらに、会社法の改正により資本金の制限もなくなり、少ない開業資金で事業を始めることができるようになったのも、独立開業が増加している要因でもあります。しかし、独立開業がしやすくなったのはいいものの、実際に儲かるのかが問題です。意を決して安定しているサラリーマンを辞めて、独立開業しても失敗に終わってしまっては意味がありません。そこで、独立開業の現状を調べてみましたので、紹介したいと思います。実際、2012年のデータによると起業希望者は84万人にも及び、実際に起業した人は22万人にも及びました。さらに、企業白書によると起業1年後の会社生存率は、7割となっていますが、5年後は4割ほどとなっています。やはり事業を継続させようと思うなら、しっかりとした事業計画や経営が重要になってくるようです。ただし、独立開業に年齢制限などはなく、実際に3人に1人は60歳以上となっています。高齢者は資金力もあり、不動産投資や農業などで独立するなど、セカンドライフを有意義に過ごすために独立開業の道を選んでいる人が多いようです。その他、年齢に関係なく最近ではフランチャイズが様々な業界で発達しており、コンビニや飲食店を経営する人も増えているのが特徴です。

独立開業はコチラ

URL:xn--q6vn6rzqgw02a.biz