★治験ボランティアに参加すれば、寝たきりではなく快適な生活が送れますよ!!★

治験って聞いたことがある人が沢山いると思いますが、一体どんなことをやるのか疑問に感じている人もいると思います。そこで、今日は治験ボランティアについて紹介してみたいと思います。治験は、モニターとして参加する人のことをボランティアと呼んでおり、国から認可される前の新薬や外国のお薬などの効果および安全性について確認する臨床試験です。したがって、もらえる報酬は負担軽減費と呼ばれ、時間的拘束や交通費などを理由に支払われます。報酬といってもアルバイトなどの収入と異なり所得税や社会保険料などが差し引かれることもなく満額で受け取ることができます。通常、治験プログラムの報酬は1日10,000円~15,000円程度が相場とされています。治験は募集事項によって検査内容や期間は異なってきますが、一般的な1週間のプログラムを例に例えてみると、薬を投与し一定時間ごとに採血を行って血液中の成分量を調べます。それ以外は安静にしておき、1日1~2回の健康診断を行います。治験中は外出もできませんし、食べ物の持ち込みも厳禁とされています。ただし、それ以外は比較的自由で、用意されている漫画やゲーム、持参したノートPCでインターネットをしたりしています。参加者によっては資格試験や大学の課題など勉強時間に充てて有効的に時間を利用しているようです。また、消灯21時で起床は6時と規則的な生活で心身ともにリフレッシュできます。食事も病人ではないので基本的にボリューム満点のご飯を食べることができます。デリバリーなどを利用している施設が多いので味も好評ですよ。治験期間中は食事代や水道光熱費など生活費が節約できるので学生さんには助かりますね。治験に参加した多くの人が快適に過ごせたという高評価の体験談を述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です