★帰国子女枠で医学部の大学入試に挑む時に大切なことは!?★

医学部に帰国子女枠で入学する場合は一般試験よりも難易度や偏差値が高い傾向にあります。なぜなら日本全国の医学部の帰国子女枠を合わせても10名程度と募集定員が極端に少ないためとても競争率の高いものになっています。

また、帰国子女枠で受験するには卒業後2年以内という制限がありますので時間的にも難しい枠になりますので、この狭き門を目指すよりも大検を取得して一般入試の方で医学部合格を目指すのが一般的となっているようです。帰国子女枠の入試試験は志望する大学で様々ですが、大学によっては面接と論文のみの試験という大学もあります。ただ論文の中で数学、科学、生物等の高い理系知識の問題が問われていたり、面接試験でも医療に関する高い知識が要求される質問等も数多くありますので理系・医療知識はかなり高いものを要求されるでしょう。

また帰国子女なら海外の医学部を目指す人も多いでしょう。ただし、アメリカなどで医師免許を取得したとしても日本で医療行為を行うには医師国家試験予備試験を受ける必要があり、この意思国家試験予備試験を受験できるのは厚生労働省が認めた場合だけなので海外の医学部を目指す方で将来は日本に戻りたいと思っている人は自分の目指す海外の医学部はその範囲なのかを事前に把握しておくことが大切です。

医学部大学入試はコチラ

URL⇒xn--y5qp8b77iyrcba7033edsj.com